霊感が高いと困る話しとは

霊感が高いと、困る話は意外に多くあります。霊感の高い人は、何かしら才能を発揮しやすくなる場合もあるため、周りから見れば羨ましく思われるかもしれません。

よく言われる話は、人ごみが苦手な人も多い話です。様々な人の念を受けやすく、精神が疲弊しやすくなる場合もあるでしょう。

神経が過敏に働きやすいため、腐った臭いも敏感に感じやすく、一般の人が気にならない内容に対しても嘔吐してしまう話もあるでしょう。

ただしこれらの内容は、一時的な内容や避けられる内容です。霊感の高い人は、一般の人が理解できない場合も多く、孤独になりやすい特徴もあるのです。

内なる感情に信頼感を置いているため、一人で耐えれる力はありますが、周りとのバランスに不安定になりやすい状況などもあるでしょう。

神経が過敏に働きやすいため、車の運転ができない人もいます。霊感の高さにも違いがあるかもしれませんが、悪い霊に憑依を受けやすく、体が自分の意思で上手く動けなくなってしまう場合もあります。ひどいときは、体が重たく、どんよりした姿にもなりやすくなるでしょう。特に目に疲労が溜まりやすく、一瞬にして、年をとったようなふうに見られてしまう場合もあります。

私の経験ではありませんが、ある霊感の高い人の困った話が、過去のブログで紹介されていました。その人は、幽霊を見る力があり、成仏できない霊が集まってきたそうです。

自分の使命だと思い、供養するとしました。ある水子の子供の供養を行い、これで供養したとあの世へ来てもらっていました。何度も何度も、自分の所に来るのです。

母親も亡くなっていまして、あの世で母親に会えるだろうと思っていたそうです。自分の考えが間違いだと気付き、あの世でも会えない可能性があると知りました。ついには、高級霊が来まして、高級霊に連れて帰えてもらった話がありました。

対応された人は、精神力を大量に使い、2、3日寝込んでしまったと紹介されていました。

ここで思われることがあるかもしません、高級霊ほどの力があるとするならば、直ぐに高級霊が連れて帰ればいいんじゃないかと思われる人もいるでしょう。現世に執着してる魂は、高級霊でもすぐに連れて帰ることはできず、ある程度心のエネルギーを消費させなければなりません。

水子の魂は、対応された人と会話する中で、心のエネルギーが多少は満たされていたものだと考えられます。

江原さんの番組でもありますが、憑依を受けた人の霊に対して、それほど現世に執着するのであれば、力のある高級霊に無理やり連れて帰ってもらうよと言うか話がありました。

この様な話を聞けば、霊感が高いと困る場合もあり、多くの人は、霊感なんて身につけたくないと思われるのではないでしょうか。光あるところ必ず闇があり、光が強ければ強いほど闇は大きくなるものであり、霊感が高い人ほど困る内容も多いかもしれません。