なぜ?霊感は理解されないのか?その真実とは?

霊感は、理解されない場合もあるでしょう。霊感がある人からすれば、心が苦しくなる場合もあるかもしれません。なぜ、霊感は否定されるのでしょうか?

これには人間としての都合による内容と、あの世からの都合的な内容があるかと考えられます。人間の都合とすれば、霊感を認めれば、権力としての力が現れてしまいかねません。例えば、霊感を認めていない社会において、警察は立場を失ってしまうでしょう。これは警察のみならず、権力ある人にとっては都合が悪い話なども存在します。

この様な考え方もあるかもしれません。霊感の霊とは、幽霊はイメージする場合もあるのではないでしょうか。幽霊とは、死を連想させる場合もあり、人は生きる本能を持ち合わせているため、死を連想させる内容に遠ざけたい気持ちなどもあるかと考えます。霊感は理解されないのではないのでは無く、恐怖を感じやすい場合もあるはずです。

現在は、科学が発達しているため、誰しもが目に見える内容について正しさを確認しあえる文化があります。科学的に解明でき無い内容は、共通的認識に欠ける場合もあり、信頼性に欠ける場合もあるでしょう。

霊感が理解されない中で、プラスに働いた姿もあります。それは宗教的な、権力による価値観です。信仰心の強い国家もありますが、従来は、神々の存在を強く信仰している場合もあり、それを盾に権力を握ってきた人達もいました。宗教戦争などもあったでしょう。

あの世からの都合としては、霊的な内容を忘れる中で、生まれて来た目的などもあります。生きるための集中や、人生を簡単に投げ出さないための目的などもあるでしょう。

私自身は、霊感を認めていない人ではありません。私自身霊感があり、霊感について認めて欲しいという気持ちもあります。

何事も行き過ぎるのはよくない内容であり、霊感を理解されない過ぎる内容も弊害を生み場合もあります。亡くなった人は、浮遊霊になる可能性も高く、魂の尊重を捨て去る内容は、道徳心を忘れ、人と人との間に歪を産んでしまう場合もあるでしょう。


霊感を信じない、霊感を理解されない時代は、人の魂が幼い時代でもあるはずです。人々が道徳心を取り戻し、人の心に意識を高め、霊的な内容の知識を深めれば、従来の様な悪い姿としての霊的な知識は現れないでしょう。

霊感のある人は、霊感を理解されないで嘆くのではなく、道徳心を高め、人としての高い評価を得る心構えを持たなければなりません。