霊能力者としての素質!性格に問題があるのかも!

霊能力者の素質は、性格的な影響もあります。霊能力者の存在は、特別な力を持ち合わせている存在のように見られる場合もありまして、力を手に入れたいと思えてる人もいるでしょう。

大前提として、注目を浴びたいだけで、特別な人間に憧れる人は、霊能力者の素質としては失格です。霊能力者は霊媒師と言われる場合もあり、力を通して人々に恩恵を与える気持ちを持たなければならないのです。

注目浴びたい気持ちは、自分自身に意識が高まり、他者の気持ちに欠けてしまう場合もあるでしょう。

霊能力者に興味のある人の中には、宗教的な内容にも興味があり、自分自身を特別な人へと高めたい気持ちのある人もいます。

オウム真理教の人達の中には、薬や機械を使って、霊的な力を発揮させようと試みた人達もいました。人々よりの気持ちよりも、自分たちだけの意識も高く、霊能力者の素質としては間逆な行為でもあったでしょう。

霊感は高まるかもしれませんが、霊能力者の能力は、力のある霊の働きによって顕在化させているのです。本来、第三者のために役立てたい気持ちのある力のある霊は、そのような人に力を与えたいとは思わないでしょう。

これは生きてる人も同じく、お金がたくさんあり、社会貢献したい思いがあれば、誰にお金を役立ててほしいかと考えるのと同じです。

霊能力者の素質は、他者の喜びが自分自身の喜びと感じられる人でなければなりません。

当たり前のような内容によりは、意外な内容に興味を抱きやすい特徴もあります。当たり前の内容とは、既に人間社会にある内容であり、わざわざ霊能力者に表現してもらう必要性もないでしょう。

人の中には、意外な内容を言う人に対して、常識がなく馬鹿だとレッテルを貼る人もいますよね。優越感を感じ、自分が特別な人間になったと錯覚を起こす人もいます。これもまた、霊能力者としての素質は低く、性格的な内容が弊害的です。

霊能力者は、人々の心が温かくなる気持ちを忘れてはなりません。一時的的に力を授かったとしても、霊能力者の心が変われば、力のある霊から見捨てられ、力を失ってしまう場合も当然あります。

意外な内容に興味を持つ思い、他者への心の温かさ、これは簡単な内容であり、難しい内容でもあるかもしれません。ただし、誰もが持てる心の思いであるため、多くの人は霊能力者としての素質を潜在的に持ち合わせているでしょう。

科学的な知見によれば、人への愛が霊的な力を高めると、密教の強いチベットなどで行われています。人への愛が、重要なポイントかもしれません。