守護霊が変わる、変化の気付きについて

ここで語る当たらない霊感占い師は、そもそも力がない霊感占い師ではありません。当たると評判だったのに、自分自身が占ってもらったところ、全然当たらなかったと言う話もあるでしょう。占い師も人であるため、120%何でもかんでも当てれるものではありません。

霊感占い師が当たらない背景には、いくつかのポイントが原因としてあるかもしれないのです。霊感占いは、心の感情を感じ取って力を発揮させます。相談する対象や相談者自身の心のエネルギーが弱ければ、当たらなくなってしまう可能性も少なからずあります。

例え話しになるかわかりませんが、食材が少なく、豪華なご馳走を作って欲しいと言っても力が発揮できないのと同じです。

霊感占い師は、自分よりも力の高い人の力について見ることができないと言われています。意外にも、自分自身が霊感の高い人である可能性なども少なからずあるでしょう。

霊感占い師も人であるため、少なからず相性が原因として働いてる可能性も考えられます。例えば、相談者の御相談内容が、相手を落とし入れ自分の力だけを満たす内容であれば、避けたい気持ちも現れやすく、その気持ちが霊感占いを鈍らしてしまっている可能性なども考えられるでしょう。

最も可能性として、当たると評判の高い霊感占い師が、外れてしまう場合は、精神的な疲労が原因として隠されている可能性が高くなります。

一般の人には、感覚としてつかめないかもしれませんが、霊感占いは人が思ってる以上に精神的な負担、疲労が強く現れる場合もあるのです。

霊感はないが当たるのは、高級霊の波動を受けての力によるものです。霊感占い師は、一般の人よりは、波動を強く持ち合わせていますが、それでも、高級霊との波動に天と地の差があります。

これも例えばなしなるかどうか分かりませんが、例えば、自宅に天皇陛下が訪れていたとします。もちろん緊張するでしょう。30分ほど話が終われば、さらに違う王族の人が相談に訪れる様な状態です。

神経を尖らす必要性があり、常に高い集中力を維持していなければならないのです。相談が終わったと後は、とてつもない疲労感が現れる場合もあります。親族が亡くなれば、大きな精神的疲労を感じる人も多いでしょう。それと同じような状況が現れる場合もあるのです。

当たると評判の高い霊感占い師に相談する場合は、ポイントとして、1日の初めの頃に相談されるのも良いでしょう。

最後の時間帯は、もっとも避けた方が良いと思われがちですが、疲労感が快感を生み出し、ハイになっている状態が霊感を高める場合もあります。

夕方の4時頃は、太陽が落ちる頃に、人の精神も疲れやすくなります。この時間帯は避けた方が良いかもしれません。