守護霊が変わる、変化の気付きについて

スピリチャルに関心の高い人であれば、既に守護霊が変わる話はご存じの方もいるでしょう。変わらない守護霊といえば、生まれた時から死ぬまで一緒に側にいるとされているガーデンスピリット、日本語で言えば主護霊と呼ばれてる場合もあります。

変わる守護霊と言えば、自分の才能を導く指導霊が挙げられるでしょう。運命を司る、コントロールスピリット、支配霊もいますが、これははっきりした事はわかりません。支配霊は、小さな紙のような存在とも言われ、支配霊の下に、指導霊や先祖霊などがいるとも考えられています。

支配霊にもランクがあり、支配霊の下に支配霊がいるかもしれません。

ここで話す内容は、指導霊ですが、支配霊も関わっているかもしれない前提で紹介させていただきたいと思います。

指導霊が変われば、置かれている環境が変わりやすい特徴があります。自分自身の波動によって、必ず高い指導霊に変わるのではなく、もちろん、復習として低い指導霊が担当として付く場合もあります。

この変化の違いは、自分の心の明るさによって、確認できるかもしれません。高い指導霊に変わるということは、更なる成長の目的があって変わるはずです。そのため、自分自身をさらに成長させたいという欲求、様々な刺激を吸収したい思いは、目の瞳孔が開きやすく、光が入る量が多くなることで世界が明るく照りやすくなるでしょう。

逆に低い指導霊に元に戻れば、成長というよりも、穴埋めの様な状態であり、ストレスもかかりやすく世界が暗く見えやすくなるかもしれません。

指導霊の変化は、人間関係の変化としても現れやすくなります。精神の成長においては、一歩高める目的などもあり、課題となるような人々が提供される場合もあります。

よくある話としては、才能を磨き上げる中で、才能を身につけた場合、指導霊の変化は、コミュニケーション能力を身につけさせす目的が隠されてる場合もよくありす。その結果、自分自身の才能を、多くの人に貢献しやすくなるのです。

もちろん、うぬぼれた場合は、人間関係が遠ざかり、自分自身の才能を生かすことすらできず、しまいには才能そのものを失ってしまう場合もあります。

人はいずれ死にます。自分の人生を振り返った場合、自分に足りない要素に気づき、今後、生まれる目的の課題に変わるでしょう。

指導霊の変化の気付きには、この様な考え方もあるかもしれません。新たな成長は、新しい出来事に出会いやすく、人生が楽しいと感じる機会も増えてくるはずです。波長が止まる場合は、同じ経験をさせられる場合もあり、人生が楽しくないと思われる場合もあるでしょう。

このような話は過去に教えてくれません。自覚さえあれば、誰でも高い指導霊に指導を受けてもらえる可能性も高く、自分の内面に対して意識を向ける気構えも大切です。