霊感体質者は、人生に何度か苦しい体験

霊感体質者は、人生において何度か苦しい体験をさせられると言われています。全ての人とは言い切れませんが、霊感体質者は、生まれた宿命として、人々に影響を与える様な特別な目的を抱えている場合もあるためです。この影響とは、多くの人々とは言い切れず、ある分野に限っての目的の場合などもあります。

苦しい体験は、自分自身の内面に意識が向きやすくなり、あの世との連絡網である心の繋がりが強まる場合もあるでしょう。苦しい体験からは、今までにはない新たな考え方の表れやすくなり、それが後の影響を与える目的には欠かせない場合などもあるのです。

ではなぜ、霊感体質者は、人々に影響を与えるような特別な目的を抱え込まなければならないのでしょうか。ここでの内容は、宿命として背負った目的ではなく、霊感体質者が必要な目的についての話になります。

霊感体質者は、霊的な存在を感じる感受性が強く、その存在からのメッセージや、感覚的才能を一般的な人よりも強く感じやすくもあるでしょう。

仮に、霊感体質者が存在しない世界においては、人々の文明は、毎日が同じ生活スタイルとなり、半永久的に同じ生活を続けてしまう話にもなってしまうはずです。

霊感体質者を通して、人々の社会に新たな刺激や価値感を与えれば、人々の文明に変化を起こして、新たな価値感が人々の中に浸透していくはずです。

この考えは、私個人の考えでは無く、日本神話にも存在する話です。日本神話には、出雲の国の大国主がいまして、この神様は、国づくりのために、神々の世界から派遣された神様であり、国づくりのために人として、メッセージを伝える話も存在するのです。

霊感の高い人は、周りの人たちが思いつかない様な、周りが驚き感心する言葉を投げかける場合もあります。小さな内容でも、その影響はドミノ倒しの様に周りに影響を与える場合もあり、そのような役割を担っている場合もあります。

苦しい体験の中には、自身の霊感体質に周りが理解できず、孤独を感じられている人もいるでしょう。その孤独は、どの様に周りに理解を示せばよいのか、考える力ともなるかもしれません。

その孤独は、裏方の様な考えを持ち持ち合わせやすくなり、どの様に表舞台で光輝かせばよいのか考える力ともなるはず。テレビの見ている内容は、その多くがハリボテです。裏方には様々な人達が、見える内容を輝かせています。

裏方の人々が、表舞台に立ち、俺がこのテレビ番組を支えていると発言すれば、テレビそのものが台無しになってしまうでしょう。

霊感体質者の苦しい体験は、自分自身に意識して欲しい気持ちが高まりやすくなります。その気持ちは、危険である場合もあり、その気持ちが満たされた場合、自分自身を特別な人間だと勘違いしやすくもなるためです。その優越感は、周りが見えなくなり、悪霊の餌食にもなってしまいかねません。

霊感体質者で苦しい場合、同じ霊感体質者からアドバイスを受け、信頼できる仲間を求められるのもお勧めです。