スピリチュアルが嫌われてしまう理由と背景スピリチュアルが嫌われてしまう理由と背景

スピリチュアルは、社会的に嫌われてる場合も少なからずあります。理解できない男性からは、信じる人を信仰と同じ様に考え、宗教と変わらない内容だと思い込んでいる人もいるでしょう。

また、霊的な内容を扱った内容は、オウム真理教を想起させてしまう場合もあり、無知の人からすれば危険な存在だと疑いも現れやすくなるはずです。

霊的な内容を扱った内容として、自分自身にも影響があると感じやすく、意識しやすい背景などもあるでしょう。

もちろん、スピリチャルな語る内容に反しての生き方をしてる人にとっては、自分自身が否定されている気持ちも抱きやすく、反発的な気持ちも現れやすい背景などもあるはずです。

スピリチュアルに限らず、集団的に広がりを見せている内容には、社会的に嫌われる様な反発的エネルギーが現れやすくなる場合もあります。

人の個性とは、生まれた時から様々な刺激を受ける中で、個人としての個性が形成されるはずです。力のある新たな刺激は、周りに染まってしまう恐れを感じ、自分自身の個性が失う不安から、違和感を感じ、距離を保とうとする働きが現れやすくなる場合もあるのです。

宗教的な内容はあまりここで語りたくありませんが、政党持つある宗教の宗派の団体の様子がテレビで紹介されていました。その中には多くの信者が、少し大きめの一つの部屋に集まり、必死に、みんなで念仏を唱えていたのです。それはまるで戦国時代の多くの民衆における、浄土宗の人達が、みんなで念仏を唱え合うような姿でした。

私自身、この中に入れば、ものすごく違和感を感じ、不安な状態に陥るだろうと感じました。

宗教的で無くても、スポーツなどの応援において、相手側の応援席に座れば、不安や違和感を感じる人もいるはずです。

多くの集団は、集団によって力が高まり、それが権力などに変えてしまう場合もあるでしょう。

スピリチャルが嫌われてしまう理由の中には、子供時代における道徳感の教育の無さもあるのではないでしょうか。道徳感が無ければ、スピリチャルが語る内容に価値を見いだせず、人は死んだら無くなると考えれば、自身の欲求を満たすだけに人生をつぎ込んでしまいたくなる気持ちも、当然として現れやすくなるでしょう。

ただし、宗教的な内容の中には、堕落しすぎた人間に対して、天罰が下り、さまざまな災害が起きやすいと言う話も存在します。

霊的な体験の無い人にとっては、スピリチャルとは縁の無い話でもあり、嫌われてしまうのも致し方がない話かもしれません。スピリチュアルに関心がある人でも、食事の際の作法や、歩き方の作法を強く語られれば、少しウザいと思われる人もいるでしょう。

地球とはまさに、運動場のようなステージです。そこには、様々な霊格の違う人々が集まっています。嫌う人がいるのも当然の存在として受け止め、自分の生き方に対してだけに意識を向けるのも大切かもしれません。そして、スピリッチュアルの精神にのっとって、困ってる人がいれば手を差しのべ、スピリチュアルに関心のある人がいれば、話を伝える程度で良いとも考えられるでしょう。