霊感を理解するには、今までの発想を転換して

霊感を理解するには、自らの発想を180度転換しなければなりません。人はどうしても、目で確認したがる生き物であり、目で確認できない内容は存在しないと思われてしまう場合もあるでしょう。

心理学の発生は、ギリシャ時代の哲学的な話から現れたと考えられています。哲学的な話とは、例えば、なぜ私は存在するのか、精神とは何か、などの自問自答の様な中から発生しました。

霊感を理解するには、哲学的に考えて粉もポイントの一つです。霊感の霊は、幽霊などをイメージししてしまいますが、幽霊も心の持ち主であり、心を理解すると霊感は見えてくるのではないでしょうか。

心は、意識のある生物のみにしか無いと考えられている人もいるはずです。では、自然の産物、心が宿っていないと思われる植物は、なぜ子孫を繁栄させようとしているのでしょうか?また、自然に生じる森林などの木々は、誰かしらの心がその様に作り上げなければ、自然にある形は存在しないでしょう。

人は不思議や、まるで魔法の言葉のように自然が作り出していると、自分自身を納得させるような言葉を発する人もいます。

この世は、人が持っている以上に心で溢れているものであり、心の中に包まれていると言っても過言では無いのではないでしょうか。

霊感とは、心を感じるための感じる内容であり、難しく考えなくても、誰しもが人の心を感じながら生きているはずでもあるでしょう。

人は、80%ほど目から入ってくる情報で頼っているとされています。全ての生命は目だけで頼ってるわけではありません。情報を求めながら、同類や他者などを認識する力を持ち合わせているでしょう。

では、霊感は、心を感じる力とするならば、どの様にして、未来などを言い当てる力があるのでしょうか?


これは、霊感が高い人が必ず全て、未来を当てる力がある訳では無いのです。今後の未来について知っている霊の心を受け取ることによって、感覚的に未来を把握できる力が授かる場合もあります。

よって、音楽の才能の持つ霊の心であれば、音楽の才能などが開花されるかも知れません。プロ野球などの才能であれば、野球に関する才能なども高まりやすくなるでしょう。

霊感とは心を感じる力でありまして、霊感があるから、秀才のような様々な才能を発揮できる訳ではありません。

霊感に興味がある人は、霊感だけを磨き上げようとするのでは無く、趣味や知識など、自ら様々な分野で磨きを上げていくのも大切なのです。

特別な人間になりたいだけで、霊感を身につけたい人は要注意です。悪霊などを引き寄せやすくなり、自らを破滅へと導いてしまいかねません。もしかすれば、趣味を持ち合わせるのは、良い霊が集まりやすくなり、その霊が悪霊を遠ざけてくれる考え方などもあるかもしれません。