霊感占い師がいる存在意義とは

霊感占い師の当てる力とは、人を驚かすためのパフォーマンスに見られてしまう場合もあるでしょう。よくよく考えれば、未来は必ず訪れるものであり、当たろうが当たらない様が、あまり意味のない話でもあるはずです。

実は、霊感占い師の当てる力とは、パフォーマンスでしかありません。当てる力になるほどの、霊感占い師は、当てる内容だけを相談者に伝えるのではなく、アドバイスの様な違う言葉をも投げかける場合があるはずです。

例えば、来年は運気が下がり、あまり行動に移さない方が良いとアドバイスをされたとしましょう。そこには、自分を抑え、しっかりと物事を考えなければならないアドバック的な意味が含まれてる場合もあるのです。

そして、相談者は、自分を抑えることが苦手で、軽く物事を考える傾向もある場合があります。

芸能人の栗原類さんは、霊感があり、占い好きでもあり、タロットカード占いを行う話なども有名です。そして芸能人のベッキーさんとの相談内容が動画などで流れていました。

その中には、未来を伝えるだけではなく、性格的なアドバイスをもされていたのです。

ベッキーさんは、その忠告を無視し、栗原類さんが言ったように、不倫を引き起こし、その不倫は失敗に終わった話は、大きなニュースとして取り上げられていた物でもありました。

社会的な話には、当たったとの話題でもありましたが、大切なのはメッセージの意味でもあったのです。

では、霊感占い師の当てる力は、どの様な目的と意味があるのでしょうか?そもそも、霊感によって開ける力がなければ、相談者は、その占い師に足を運ぼうとしないでしょう。

つまり、霊感占いの当てる力は、相談者に来てもらうための看板でもあり、そのために当てる力を授かっているのです。

ただし、相談者の多くは、メッセージ性の高い意味よりも、当てる話に意識が高まりやすく、自分を反省して省みるみる人は、それほど多くはないのではないでしょうか。

これもまたただし、霊的な不思議な力が世の中に存在しているかもしれない信憑性は高まりやすく、初めは、エンターティメントとしての目的であっても、悩みを抱えた場合、力のある霊的な先生へ相談に足を運ぼうとも考える人も増えるでしょう。

大きな意味での霊的な世界で考えれば、もしかすれば当たる霊感占い師とは、霊的力の存在を知ってもらうための営業マンの様なものでありまして、多くの人に味見をしてもらう目的などもあるのかもしれません。

もちろん、当てる力の霊感占い師の中にも、深刻な悩みに対応できる先生もいまして、軽い意味での話では無く、味見してもらう目的なども兼ねていると言う意味です。

相談者の中には、深刻な悩みを抱えておらず、エンターティメントとして楽しむ目的で、占いを楽しまれる人もいるでしょう。その様な人に対して、霊感という味見を知ってもらう目的ではないでしょうか。