霊感占いの勘違い、自分の意思で占っているのでは無い

占いについて、興味の無い人にとっては、スピリチャルについての情報について、あまり持ち合わせておらず、霊感占いの当てる力があるのであれば、競馬や博打など当てて、そのお金で人々に貢献した方がいいだろうと思われる人もいるかもしれません。

霊感占いに否定的な人の中には、当てる力があるのであれば、ではこれを当ててみろ、と、人を見下したような質問をする人もいるはずです。

私自身、自分自身で当てる力があるとするならば、正直な話、競馬や博打などで、一獲千金を当て、人であるため、将来の安定などを求めたい気持ちなども、本音の話としてあります。

多くの霊感占い師の人が感じてる事だと思いますが、伝わってくる感覚に従って、その感覚の指示を受ける様に、タロットカードを切ったり、口から言葉が出たりする中で、それが、当たってる内容として現れているのです。

一般の人が思っている、ここでの霊感占いの勘違いは、自分の意思で、あれこれと、体を動かしてる訳ではありません。

霊感占い師は、集中力も高く、目に眼力がある人もいまして、外から見れば、自分の意識に意識を集中させていると思われている人もいるでしょう。

伝わってくる感覚を感じるのに、集中しているものであり、自分の思考に意識を向けている訳では無いのです。

一般の人でも似た様な話となれば、例えば、目に見えるかどうか分からない程度の小さな虫が、部屋を飛んでいる様なものであり、その虫の存在を感じようとする姿に近いかもしれません。

一般の人との違いは、直に、他者の心が伝わってくる場合もありまして、それが霊感のあるかないかの違いとも呼べるかもしれません。

その反応に慣れてる、霊感占い師であれば、少し意識を集中すると、すぐにその状態に切り替えられる場合もあり、必ず、強い集中力を常に必要とするわけでもありません。

これも一般の人もよく経験する内容の中に、初めて取り組む中には集中力を必要としますが、徐々に慣れてくると、体がすぐに反応し、初めての頃よりば集中力を必要としないのと同じです。

霊感占いについて、勘違いする人も多いのも致し方がないかもしれません。なぜなら、一般的な人の多くは、自分の意思で行動してるものであり、同じ人と形をした他者も、自分と同じだと思い込みやすい場合もあるためです。

霊感占い師、同士の中であれば、同じ経験や感じ方によって占っている場合もあり、同業者同士であれば理解しあえる内容でもあるでしょう。

ただ、霊感がる人の本音とすれば、事実と、一般の人が考えている錯誤は、自身を否定的に考える人も現れやすくなるため、本音とすれば、その事実について知ってほしい思いも高くあるのではないでしょうか。