守護霊を知りたい場合、誰に相談すると良い?

守護霊を知りたい場合は、守護霊の紙類について知っておかなければなりません。霊能力者の先生も、言葉の認識に違いがあり、先祖なども含めて守護霊と考えている場合もあれば、生まれて亡くなるまで側にいるとされている守護霊のみを守護霊として考えている先生もいます。

分かりやすく、整理したほうが良いと考えますが、そもそも、スピリチュアルに関心が高まった人が多く現れてきたのは、近年であり、先生がた自身も、過去の呼び名に対して、曖昧になっていた時代背景などもあるでしょう。

守護霊の、呼び名の考え方にも、人それぞれあるかもしれません。例えば先祖霊であっても、実際に、守ろうとしている霊もいれば、その言葉の意味は間違ってはないでしょう。

先生がたの言葉の価値感に違いがあるため、絶対的とは言い切れませんが、守護霊対話能力のある先生は、傾向として、生まれた時から亡くなるまで側にいる霊を表している言葉です。

亡くなった人しかコミュニケーションが図れない、その能力が無い先生は、先祖霊などとして、言葉を扱っている傾向もあります。

亡くなった先祖霊などの中には、あの世の世界において、相談者の中心にいる霊とコミュニケーションがはかれる場合もあり、どの様な守護霊かについては、もしかすれば知ってるかもしれません。

守護霊は、良くも悪くも自分自身に影響を与えます。

実際に先生方に相談されずとも、影響を与えるため、観察力を高めれば、守護霊の特徴について、把握できる場合もあるかもしれません。

守護霊を風だと考えれば、その性格的な傾向なども知れるのではないでしょうか。

例えば、自分自身が、帆のついた船に乗っており、風に乗って勢いよく進んでいれば、その風邪の特徴や目的などから、守護霊の傾向を知れる場合もあるでしょう。

どのように行動起こしてもうまくいかない場合は、逆の風が働いている可能性もあり、それが守護霊の意識として働いてるかもしれません。

自分自身の心が落ち着く場所は、守護霊の導きである可能性もあり、神社などを好むのであれば、守護霊に神官だった人がいる可能性なども考えられるでしょう。

自分自身が持ち合わせている物や、本棚の本の中に、守護霊が用意させた内容などもあるかもしれません。その様な中で考えてみるのもお勧めです。

実際に特定の守護霊を知った時、この様な考え方を持ち合わせていれば、守護霊について深く考えるきっかけともなるはずです。