霊感の感じ方は、これを真似れば霊感が高まるかも?

霊感の感じ方は、これを真似れば霊感が高まるかも? 霊感の感じ方は、霊感に興味がある人の中では、参考にしたいと思われてる人も多いのではないでしょうか。霊感の感じ方は、人それぞれかもしれませんが、私が考える中では、共通している内容もあるかと思います。その話を加えながら、話を説明させていただきたいと思います。

よく占い師の方は、感じるという言葉を扱う場合もあるでしょう。霊感をの感じ方は、自分の意思で感じようとする思いも重要なポイントです。

ここでのポイントは、体全体に意識を向け、体全体で感じるのが、まずは基本です。その状態を、維持したまま、一点に集中していくと、体全体の感覚から、何かしら伝わって来る場合があります。その力が、霊感を顕在化させてくれるのです。

難しい内容ですが、このように考えれば分りやすいかもしれません。温泉に浸り、体全体で温泉の温かさを感じた中で、その温もりの中の一点に集中して見る意識です。

これも又、難しいように思われます。例えば、好きな人と温泉に行き、隣に一緒に使った中で、目をつぶると、温泉の温かさと同時に、その方の温もりを同時に感じる場合もあるでしょう。

基本的な姿勢は、体全体で感じる思いです。霊感の高い人は、右脳の働きが働きやすい話はご存知でしょうか?

右脳は、全体を感じる、抽象的な雰囲気に長けた内容でもあり、私が考える中では、霊感が高い人がほぼ、体全体で、物事を感じようとしている傾向が高いと思います。

霊能力者の江原啓之さんは、江原啓之さん自身が笑うとき、そこまで笑うのかというような、一般よりも体全体で笑っている姿なども見受けられます。

実は、ほとんどの人の多くは、誰しもが、同じ様な体感をされていた時期があります。

それは、赤ちゃんの時です。母親に赤ちゃんが抱かれている状況は、赤ちゃんは、体全体で母親の温もりを感じていた事でもあるでしょう。

霊感の感じ方と聞けば、一点に集中すると思われてしまいますが、細かな一点に集中する状態は、右脳では無く、逆の左脳の力が働きやすくなるため、注意しなければなりません。が

実は、本当の意味での霊感の感じ方は、左脳の力も必要とするのです。

霊感で感じた内容を、理解できなければ、力を顕在することはできません。何を言ってるのか分からないとも思われやすくなるでしょう。

感じた内容に対して、自分の中で哲学的に考えようとする思いも大切であり、ただ、感じれば良いだけでは、無い認識を持つのも大切です。

これらは、直ぐに身につくものではなく、自分の感覚とコミュニケーションを図りながら、自らの霊感を高めていくのもポイントです。